*

塾に通わずに偏差値70超!で、女子学院に合格した方法・・1

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 中学受験

先日から度々ご紹介している女子学院Mさんは、実は、小5後半に偏差値51だったのが、塾に通わずに、小6後半に偏差値70を突破し、女子学院に合格されたのですが、私の別ブログで、自己紹介を兼ねて、受験勉強法を教えてくださいましたので、受験生のみなさんは、参考にしてみてくださいね!(‘-^*)/

では、Mさんの自己紹介のはじまり、はじまり~(*^▽^*)

SPONSORED LINK

私が志望校に合格できたのは、私一人の力ではありません。

私に勉強を教えてくれた、父と兄。

兄は容赦なく受験の厳しさを厳しい言葉で教えてくれました。

そのような私を支えてくれたのは、祖母、母、妹でした。

そして、いろいろな面から応援してくださったのが、

重吉先生やここサイトの人たちです。

このような力があったからこそ、私も頑張れました。

重吉先生の経験を聞いて、進学校に進学する意味を知り

油断すれば大変なことになるということを教えていただきました。

だから、現在の私自身があるのです。

それだけは忘れないでください。

 

本音をいうと私は塾に行きたかったんです。

友達と一緒に行きたかった。

塾の先生と模試(四谷の5年の時のマークシート模試)の結果を母と話していたとき、塾の先生って面白いな ^^と感じました。

ですから、塾が不要だとか、私はそのような事は思いません。

次に続く・・・・・・・・・ 

 

今日は第2部タイトル

「受験の常識って何?」

5年後半の四谷の全国模試で、4科目平均偏差値51だった私に、進学校前提とした受験勉強に、志望校に向かって頑張ろうというという態度ではなく、おそらく無理だろうという雰囲気が面談した塾の先生から漂っていました。

入塾テストで合格はしても面談でお互いの希望が折り合わないので塾は断念したということです。

それが5年の2月頃です。

「進学校受験にはスタートの時期が遅い」それが常識なのでしょう。

 

そこで、兄の先輩で神奈川県の有名進学校に通っていた、Sさんのセリフを思い出しました。

「中学受験は大学受験の7分の1」

つまり分量が7分の1なのだから、1年あれば必ず追いつけると思い、

次のような事を考えました。

 

1)私自身を徹底的に知ること。

2)受験に使うテキスト選び。

3)それを実行するのに、どれ位家族に協力してもらう事が必要か?

 

つまり「スタートが遅い」常識を考えないで、常識がこの路線なら私は違う路線で行くとを決意したのです。

それにスタートが遅かったのは英語の勉強をしていたからで、遊んではいなかった。

それを証明するために私は実行しなければならないと思っていましたから。^^

3部作完結なので、次は2)を書いてみたいと思います。 <

 

今日は、長編なんでタイトルはこうです。

「M イン ワンダーランド」で行きましょう。(*^^)v

ここまで①、②のダイジェストを少々。(要点のみ)

早い時期に塾に行くこれが一般的な常識です。

自分で出来ることがあれば、自学習でも問題はない。

まず、考えて欲しいのは、本当に塾に行けば、成績が上がるのか?

という事です。

 

私も四谷の全国模試を受けて事前対策授業を受けました。

そこで、感じた雰囲気は「家では勉強出来ないがここなら強制的にさせられる。」ということです。

つまり、塾に行ったからといって魔法のように成績が上がるわけではない。ということに気付きました。

つまり、塾に行かないと学力は上がらないという常識に対して、私自身に必要な事だけを集中して行い、余計なことには一切振り向かずに行ったほうが学力が上がるのではないかと思えるようになりました。逆転の可能性はそこにしかないと感じたのです。

ある程度の理解力があり、自分できちんと出来るなら問題がない訳です。

最大の利点は、私自身のカリキュラムで行うことが出来る。(ロスが少ない。)

迷っている時間はなかったので、このように方針を決めました。

 

次に基本テキストを探しました。

四谷大塚のテキストは基本事項がまんべんなく記載されていると思いますし、

母に聞けば、「塾に行っていなくても校舎で購入できる。」

ということ。

つまり、塾生でもない私にも購入が可能ということが分かりました。

要は、知識のベースとなるテキストが簡単に手に入るということです。

ここで、算数だけは遡って学習しなければならない事に気づき、算数だけは最低1日10題問題を解くという方針で行く事にしました。

余計な時間を排除して、すき間時間を作り算数の問題をひたすら解きました。

例題の方針を考えながら問題を解いて、徹底してパターンを覚え、そして使う事が出来るように心がけました。

さらに応用問題は、友達にサピやNに行っている友達がいたのでテキストとプリントを見せてもらい、要る知識と不要な知識を判断して、要る知識は私自身の中にどんどん取り入れました。

要は、私自身に必要な知識のみ私自身の中にとり入れて、使える知識としてインプットしたわけです。

こうして、テキストを絞りました。

問題集は四谷大塚のテキストをベースにして、必要に応じて友達が使っている塾の問題集やプリントを見せてもらい、その代わりに友達にその問題の解き方を教えました。

要は、交換条件に友達に知識を伝えることで、友達も損をしないようにしました。

人に教えることは、自分の知識の確認になりますから。

問題集で一番驚いたのが、Z会の受験コースを家庭教師を使って行っている友達でした。

Z会の受験コースのテキストは、やり応えのあるもので算数なんか頭が混乱する問題も存在しました。

Z会はオススメですが難易度が高い問題も存在します。

しかし、難易度の高い問題が記載されているからこそ、ワクワクしました。

夏を過ぎた辺りから、主にその友達と勉強するようにしました。

テキストはZ会受験コースも問題を2人で解いて、解法も覚えて演習をしました。

ここで、私が考える練習と演習の違いを伝えます。

練習・・・時間の制限のない、問題集を用いての勉強。

演習・・・時間の制限のある、問題集を用いての勉強。

これは英検で養った勉強方法を取り入れました。

私が得意なのは英語の長文です。時間内に長文を読んで、だいたいの意味を知りそこからポイントを絞ります。

本当なら、まずポイントや文法を覚えてから、長文解読に入るわけですが、私はあえて違う方法をとりました。

理由はグーグルのホームページを見たとき、今までの英語の覚え方じゃ効率が悪いと思ったからです。

英文でどんどん出てくるのに、時間を掛けていては遅れてしまいます。

要は時間内で全体の内容をだいたいの内容を把握するということ。分からない場合でも、問題の方針だけでも読み取ることが重要です。(時間を意識しながら) <

 

長くなりましたので、「2」に続きます!!(^O^)/

にほんブログ村ランキング人気ブログランキングに参加しましたので、応援よろしくお願いいたします!!(^_^)
にほんブログ村 受験ブログへ

受験 ブログランキングへ

スポンサーリンク

関連記事

no image

偏差値70超早実コンビの入試直前・当日のアドバイス!

今年も残り3日ですが、1月に入り、九州や関西、東京以外の首都圏の一部で、私立中学校の入試が始まります

記事を読む

2月1日の東京の難関私立中入試まで残り1週間!

先週は、ず~っと、センター試験数学Ⅰ・Aを解き、続いて、数学Ⅱ・Bも解こうかと思っていたのですが、セ

記事を読む

高校生が解けない!?中学入試直角三角形の面積

今日は、前回の早稲田佐賀中の入試問題の解答・解説です!(^O^)/ 「小学生の高校数学入試チャ

記事を読む

女子学院中2015入試算数「1」(1)(2)(3)(4)を解いてみよう!

やっと今年の中学受験も終わったと思ったら、もう来年の受験の話です・・Σ(゚д゚;) まあ、塾の先生

記事を読む

女子学院中2013入試算数「1」-(5)、(6)を解いてみよう!

今日も東京の女子御三家のひとつ、女子学院中学校の2013年算数を解きます!!(*^▽^*) 前

記事を読む

no image

早稲田・慶応附属・系属校は楽なエスカレーター?

早稲田や慶応など、難関有名私立大学の附属・系属中・高に通われていたり、進学希望、受験予定の読者の方も

記事を読む

no image

偏差値70超!受験生の早朝勉強

12月に入り、2学期の期末テストが終わり、成績が返ってきてる中・高校生も多いと思いますが、成績はいか

記事を読む

no image

開成中、女子学院中、桜蔭中合格者たちの10年後

前回まで、女子学院中や開成中といった超難関有名中学校の算数の過去問を解きましたが、昨年「とくダネ!」

記事を読む

火星に住みたい1万人に朗報!? 火星に水!?

昨日(9/29)の新聞やニュースでご存知の読者の方も多いと思いますが、NASAの発表によると、火星に

記事を読む

no image

塾に通わずに偏差値70超!で、女子学院に合格した方法・・2

小5後半に偏差値51だったのが、塾に通わずに、小6後半に偏差値70を突破し、女子学院中に合格されたM

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダブル合格を目指せ!九州難関トップ校ラ・サール、久留米附設の入試が別日に!

お久しぶりです、重吉です! 受験生読者のみなさん、勉強してますか?(^

予告倍率未満で足切りも?2016年度国公立大学二次試験足切りはどうなる!?

今日(1/24)は全国的に猛烈な寒さで、ここ九州北部でも、終日氷点下と

明日、明後日、大学入試センター試験受験生応援!!

明日(1/16)から大学入試センターが始まりますね!! そこで、

2016受験部初記事「大学入試センター試験不正と成人式」

受験部読者のみなさま、あけましておめでとうございます!!(^▽^)

2015受験部終了!!

前回更新してから、ちょっと忙しいなあと思っているうちに、あっという間に

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑