*

入試1ヶ月前の受験生ママさんの不安

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 中学受験

12月も半ばとなりましたが、首都圏の一部や関西圏、九州の難関中学校入試は、1月に行われますので、入試まであと1ヶ月前後という受験生読者の方も多いと思います。

それなのに、入試が近づいても、気合が入らない、塾の最後のテストや志望校の過去問の出来が思わしくなかったなど、不安が増してくる保護者の方も多いと思います・・(><;)

そんな不安な保護者のみなさんの何かの役に立つかもしれないので、過去に私の別の受験ブログに寄せられた保護者の方のコメントやアドバイスをご紹介しますね!(^O^)/

SPONSORED LINK

まずは、早稲田大学系列中受験生のお母様からのコメントです。

楽しくブログを拝見させていただいております。 

我が息子は来年W中を受験する予定です。

合不合の判定が80%であっても過去問との相性もありますよね。

本当に不安で仕方ありません。 

受験生の親御さんは皆さんそうでしょうが、子供達の半端ない努力している姿を思い出すと涙がでてきてしまいます。 

W中学受験に何かアドバイスありましたら是非よろしくお願い致します。

 

次に、このコメントと関連した、こちらも早稲田大学系列中受験生のお母様からメールです。

試験まであと一カ月と迫ってまいりました。

が、我が家の息子は塾の宿題が減ったのをいいことに、

ダラダラと時間を過ごすようになってしまいまして、

W中が求めている生徒とは程遠い息子に、

私もとうとうガミガミママになってしまいました(-_-メ)

まだまだ前途多難です…。

早稲田系列の問題傾向を探っているのですが、

あまりにもやるべきことが多すぎて、あと一カ月どのように計画を立てればよいのか…と頭を悩ませています。

いまさらながら、もっと早くから過去問に取り組んでおけばよかったと反省です。

受験生の母さんのコメントにもありましたが、

いくら判定でABをとっていても不安は尽きません。

ただ、昨日塾での保護者会で先生がおっしゃていましたが、

「これからの一カ月は、ダメなところが目についてしまっても、本人の頑張りを認めてあげるということを大事にしてください」と。

ガミガミママだった私は、

「確かに本人は塾ではがんばってる。けど、家ではさぼってるし…。」

と、素直に本人の努力を認めようとはしていませんでした。

気持ちを入れ替え、残り一カ月は、このブログと共に息子を見守っていこうと思います(*^_^*)

今後も引き続き楽しみに、又、支えにしております。

 

どちらも、残り1ヶ月後の早稲田系列中受験を控えて、お子様よりもお母様の不安が尽きないといった内容ですね。

さて、塾講師の私からのアドバイスですが、

>どこかのプロ野球チームのコーチがこんな内容のことをおっしゃってました。

「できて当たり前のことを、試合で1秒でも速く確実にプレイできるようにするために、同じことを何百回、何千回繰り返すのがプロの選手だ!」

他の選手よりもずば抜けて上手いプロ野球選手が、できて当たり前のことを、何百回も何千回も繰り返すのです。

しかし、それだけやっても、真剣勝負の試合では、ミスが出ますし、そのミスをなくすように、さらに練習で繰り返すということなのでしょう。

これと同じように、家や塾の授業ではいつも解ける・覚えてるのに、テストでは解けなかった・思い出せなかった問題というのがあると思います。

こういった本番でのミスを消すために、プロ野球選手は同じことを繰り返すのですから、受験生もマネをすべきです。

私が以前から、過去に受けた塾のテストを定期的に復習しようと書いてきたのも、そのためです。

覚えてる・得意だと思って、別の苦手な分野に時間を割くことも多いでしょうが、入試1ヶ月前なのですから、苦手なこと・新しいことを詰め込むよりも、覚えてる・得意だと思っている科目・分野の再確認に力を入れた方がいいでしょう。

今の時期に苦手な分野が出来ない・なかなか覚えられないと思うと、不安や焦りが大きくなって、悪い方向に考えてしまいますし、得意科目・分野を放っておいたせいで、入試本番で得意科目・分野で凡ミスが出た場合は、苦手科目・分野が出来なかった以上にショックが大きく、他の科目に影響する場合がありますからね・・(。>0<。)

それに、早稲田系列中・高など難関校は、6割から7割得点できれば合格できます。

入試前は、あれもこれもやらなければと焦りますが、3分の1は出来なくても、捨ててもいいのですから、得意な分野6割・7割を固めるという風に考えて、得意科目・分野の復習に力を入れ、自信がつき、時間や精神的に余裕が出来たら、おまけで苦手科目・分野に手をつけるというぐらいに考えていていいと思います。

 

これは、早稲田実業高校から早稲田大学に進学されたmさんも以前コメントしてくださいました。

「高校時代の学力テストで思ったのですが、試験では取れるところから取るというのが鉄則ですね。

これは入学試験でも同じだと思います。

受験生の皆さんの中には、今、弱点補強に重点を置いている方もいると思いますが、得意科目にも同じくらい時間をかければ点数の伸びははるかに大きいと思います。

得意科目でうんと点数をかせげば、不得意科目で少しくらい失敗しても合格間違いなしです。」

 

さらに、得意科目・分野を見直して、自信をつける以上に受験生親子の自信につながるのが、併願校の合格です!

親御さんや我々塾講師からすると、1ヶ月後など、あっという間という感じですが、子供の感覚では、1ヶ月後はまだ先の話、しかも塾のテストでA判定が出ているのですから、余裕が出て、クリスマスやお正月に心が浮つくのも無理ないでしょう。

しかし、本命中・高入試前に、多くの受験生が併願校を受験されると思います。

これを全力で取りにいかなければいけません!

まず1つ出願校に合格できれば、親子揃って安心感が出てきますし、自信を持って、本命中・高入試に臨めます。

それに、まず、1月の併願校に照準を合わせれば、塾の冬期講習に加え、得意科目・分野や過去問の見直しなどで、お正月もそんなにのんびり出来ないと、お子様自身にも緊張感が出ることでしょう。

 

いずれにぜよ、80%の判定A判定・B判定が出ていれば、学力的な面での不安は少ないでしょうから、後は精神的な面です。

以前、何かの本で読みましたが、入試当日の東大受験生の何人かのカバンの中を見せてもらったところ、

「1番成績が良かった模試の判定結果」

をお守りとして、カバンの中に入れていた受験生が多かったそうです!v(^-^)v

東大受験生だけでなく、多くの受験生もそうしてると思いますが、受験生にとっての模試の合格判定は、自信を持つための心のよりどころですよね。

ですから、80%の判定A判定・B判定を取られたのは、お子様の努力の成果であり、自信のよりどころですから、お子様の努力や実力を信じてあげてほしいと思います。

というわけで、不安を消し、自信を持って本命中・高の入試に臨めるように、得意科目・分野の再確認と、まず1校目の併願校合格に力を入れてほしいと思います!(^O^)/ <

 

と、こんなアドバイスでしたが、上のお二人の受験生ママさんのお子さんは、二人とも無事、早稲田大学系列中学校に合格されました!(*^o^)乂(^-^*)

この記事が少しでも参考になり、受験生読者さんのお子さんも、1月、2月の本命校に合格されることを願っています!!(*^-^)b

にほんブログ村ランキング人気ブログランキングに参加しましたので、応援よろしくお願いいたします!!(^_^)
にほんブログ村 受験ブログへ

受験 ブログランキングへ

スポンサーリンク

関連記事

no image

入試1ヶ月前に宿題やテキストを忘れる受験生て、塾に何しに来てんの?

以前の記事でも書きましたが、 志望校に落ちるという現実は、誰の身にも起こる!(2014.12.

記事を読む

no image

偏差値70超早実コンビの入試直前・当日のアドバイス!

今年も残り3日ですが、1月に入り、九州や関西、東京以外の首都圏の一部で、私立中学校の入試が始まります

記事を読む

漢字が書けない、分数が計算できない大学生?小中学生?

以前、久留米附設高+慶応大学卒「高学歴貧困のリアル」がここに!?(2015.4.10リンク)

記事を読む

no image

国公立中高一貫校入試:適性検査で気をつける点は?

当ブログでは、主に難関私立中・高受験について書いていますが、それら難関私立中・高と、国公立中高一貫校

記事を読む

no image

難関中受験生アケミちゃん「ダメよ~! ダメ、ダメ!!」

最近、2013年のセンター試験数学Ⅱ・Bの問題ばかり解いているので、今回は、受験勉強の中休み記事とい

記事を読む

低学年からの中学受験対策教材は?

昨日までは、大人社会の裏側を勉強(?)しましたが・・(;^_^A、今日からまた受験勉強ネタに戻りまし

記事を読む

女子学院中2015入試算数「1」(1)(2)(3)(4)を解いてみよう!

やっと今年の中学受験も終わったと思ったら、もう来年の受験の話です・・Σ(゚д゚;) まあ、塾の先生

記事を読む

no image

開成中、女子学院中、桜蔭中合格者たちの10年後

前回まで、女子学院中や開成中といった超難関有名中学校の算数の過去問を解きましたが、昨年「とくダネ!」

記事を読む

受験勉強の中休みクイズ解答編・・でもクイズじゃないよ!

今日は、昨日の「受験勉強の中休みクイズ」の解答編です!!(^O^)/ 受験勉強の中休みクイズ!

記事を読む

久留米附設中入試は、昔2次試験までありました!

は今日も秋晴れで、爽やかな佐賀です!(^▽^)/ どこか遊びに行きたい気分ですが、これから受験

記事を読む

Comment

  1. ウルトラの父より より:

    重吉先生および早稲田係属校志望の親御様
    我が家は幸いにも系属校に3勝し通学しました。その経験談を書かせて頂きます。心の安定剤になればと思います。
    ①合格者が350人いれば前後の100人(250番から450番)なんて学力では殆ど差はないと思います。最後当日の体調だったり、得意な分野が出題されたり、不得意分野にあたってしまったり。最後は気持ちです。お子さんが試験日の朝笑って行けるくらいの気持ちで!
    ②自分と子供と塾を信じてください。100%の受かると思って早慶クラスを受験する人はいません。不安はみな同じ。合格するためのカリキュラムと勉強をやりきったと自信を持ってください。親が子供を信じられなかったらどうするのですか!
    最後は精神論になってしまい申し訳ありません。でも最後は気持ちの差で合否が決まると思っています。(もちろん同じレベルの勉強をしたことが前提ですが)あとわずかですが頑張ってください。

    • 重吉 より:

      こんにちは、はじめまして! ウルトラの父さん。
      (はじめましてと言いつつ、これまでも大変お世話になっております・・^^)

      いずれにせよ、受験部47初コメントありがとうございます!
      m(_ _)m

      こちらのコメントは、2014年ラストネタとして、ブログ本文にアップさせていただきたいと思います!

      2015年もよろしくお願いいたします!^^ m(_ _)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダブル合格を目指せ!九州難関トップ校ラ・サール、久留米附設の入試が別日に!

お久しぶりです、重吉です! 受験生読者のみなさん、勉強してますか?(^

予告倍率未満で足切りも?2016年度国公立大学二次試験足切りはどうなる!?

今日(1/24)は全国的に猛烈な寒さで、ここ九州北部でも、終日氷点下と

明日、明後日、大学入試センター試験受験生応援!!

明日(1/16)から大学入試センターが始まりますね!! そこで、

2016受験部初記事「大学入試センター試験不正と成人式」

受験部読者のみなさま、あけましておめでとうございます!!(^▽^)

2015受験部終了!!

前回更新してから、ちょっと忙しいなあと思っているうちに、あっという間に

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑